とりあえずブログを続けたい

自己開示の手段。これで少しでもましな人間になることが目的。

インターンして思ったこと

結局日記ブログは長続きしなくてさすが三日坊主私だなと。

 

インターン、楽しかったです。最後の日にボスとお別れするときちょっと泣きそうになるくらいには楽しかったし、いい日々だったよ。何か得られました!なんてことはさすがにないけど、ちょっとだけでも変われたかなって思えたから、それだけでも最高によかったかなって。ありがとうボス。

 

私のインターン先は、LGBTQコミュニティの支援と、エイズ患者支援をやってる団体さんでした。だからこそなのか、働いてる人はみんな素敵な優しい人々ばかりだったし、お会いする人はあまりお会いしたことなかった人も多かったです。

やっていた業務は事務業務と現場実習なことがメイン。どっちもたいした仕事じゃない(というかそもそも勤務時間短すぎ!)からそんなに苦労することもなくって感じ。英語も、意外とどうにでもなったよ。

 

事務業務は、名簿作りや整理や簡単なメール作成・スペシャルイベントでの顧客情報の整理と書類化・なぜか自分が遊べるとこの検索・昔のデータの整理がメインだったかな。これなんの役に立ってんの??みたいな業務もあったけど、意外と楽しくやり遂げました。こういう細かいこと嫌いじゃないからね。

より効率化できるだろこれ~~みたいなこともあったけどね(笑)

あとなぜか毎日お菓子をくれるボスがおもしろかった、だから太るんだよアメリカ人!!!

 

現場実習は、お会いする人々の幅の広さが楽しかったのと、一緒に働いた人たちが面白かったなあ。がんがん音楽かけたり、対応の合間にゲームしてたり、喧嘩のような勢いできちんと言い合いをしていたり。特に最後のは印象的だった。きちんと自分の意見を言う、アメリカ人の強さを見た気がするよ。あと、小柄な日本人で、中学生くらいに見えるのか、重い荷物をもってると毎回毎回心配されてた。なるほどたしかにこんな人たちのなかにいたら非力に見えるわな。

 

結局大したことはしてないし、本当に楽しく楽しくやってただけな気がするので、大して得ました!みたいなことはないけど、

私はたぶん、誰かの役に立つこと、を重視していて、その誰かってお客と自分の周りで一緒に働く人たちの両方を指してるんだなって思ったよ。そして後者は、いい人たちであればあるほど、幸せだしやりがいを感じるんだと思う。

だってバイトしてたとき、やめたくてやめたくてしかたなかったし、やめるときも悲しくなったりしなかったしね。

 

そんな感じ。明日帰国だぜ!